不動産に関することは事前に色々と知っておくとスムーズに進められる

大切な住宅を手放すときのタイミングを知ろう

重要な会社選び

一戸建て売却にあたって注意すべき点はいくつかあります。まず、売却契約を結ぶ不動産会社についてです。購入した不動産会社に売却を依頼する場合は、保証などが引き継げることもありますので、買い手にとってメリットとなることがあります。一方、別の不動産会社の中でも地域の不動産会社の場合は、その地域について詳しく紹介できることも多いので買ってくれる可能性が高いというメリットがあります。また、その地域で一戸建てを探している人は地域の不動産にくるお客さんも多いので興味をもってくれる可能性が高いといえます。一戸建ての築年数や土地の相場によって査定価格は決定するためほとんど差はないといえます。そのため、一戸建て売却時は不動産会社の特色を理解した上で選定することが重要です。

売却時の価格ですが、売り出し価格は不動産会社と相談して自分で決めることができます。売り出し価格によって内見者がどれだけ来るかが決まりますので、売り出し価格はとても重要です。価格を相場よりも高く設定してしまうと、検索条件などに引っかからずに見てもらうこともできない場合もあります。まずは興味をもってもらうことが重要で、買い手の目にとまることが大切です。内見に来て初めて売れるか売れないかの判断を求めることができます。一方で、売り出し価格を相場の価格で設定した場合は、買い手の目にとまることが多いです。興味をもってもらう可能性が多いにあります。値引交渉は後々応じる必要はありますが、買い手がほしいと思っている場合は値引をしなくても買ってくれる可能性も大いにあります。